格安SIMランキング|タイプ別おすすめMVNOベスト3

mineo

このエントリーをはてなブックマークに追加   

auとドコモの2社の回線を使ってサービスを提供
auユーザーならmineoがオススメ!!



mineo

最近 特にCMや電車の車内広告でよく見かけるmineo
使用中のスマホにSIMを差し替えるだけで使える!!
というフレーズで宣伝しています。

mineoの特徴

ケイ・オプティコムの「mineo」はMVNOの中でも珍しい、auとドコモの回線を利用できる二刀流ですね。

無料で使える「余ったデータ容量を共有できる」便利な2つのサービス

パケットシェア・・・繰り越したデータ容量を、住所が同一ユーザーと分け合える。
パケットギフト・・・余ったデータ容量をほかのユーザーに贈れる。

mineoは最低利用期間無し

音声通話プランは一般的なMVNOでは、最低利用期間が設けられています。
しかし、mineoでは
最低利用期間はなく違約金が発生しないのが、特徴です。
※利用開始から12ヶ月以内に他社へのMNPを行うと12,000円の手数料が発生します。
ので注意が必要です。

三大キャリアからmineoに乗り換える際に注意したいこと。

auのスマホを利用していて、本体はそのままでSIMだけ交換して利用できます。
又は、ドコモのスマホを利用していて、本体はそのままでSIMだけ交換して利用できます。
ソフトバンクの方は本体とセットで、auスマホとau回線で契約することをオススメします。
(mineoでは、au回線の方が料金が少し安めに設定されていることと、SMSが、ドコモプランでは120円/月ですが、無料で利用できます。)
ドコモのスマホはドコモの回線
auのスマホはauの回線
ソフトバンクのスマホはソフトバンクの回線
を利用することで一番良い状態で利用できます。
※組み合わせが変わると音声通信で、聞き取りにくい等の不具合が発生しやすいです。

mineoの基本情報

初期費用 3,000円
通話料 20円/30秒
最低利用期間 データ通信SIM:なし 通話SIM:なし

 

当サイトでのオススメプランとオプション

料金プランは
au3GBプラン1,510円
オプションは通話定額30分(840/月)を付けて
月々の支払いは2,350円になります。

格安SIM,ランキング,おすすめ,MVNO

・主要料金プラン

コース名

月額料金
ドコモデュアルプラン
(音声対応)

月額料金
ドコモシングルプラン
(データ専用)

通信容量

500MB

1,400円 700円 500MB/月

1GB

1,500円 800円 1GB/月

3GB

1,600円 900円 3GB/月

5GB

2,280円 1,580円 5GB/月

10GB

3,220円 2,520円 10GB/月
共通仕様

最大通信速度:225Mbps
制限時の速度:200kbps
対応SIM:標準マイクロナノ
通信容量の繰越:翌月まで
最低利用期間:なし
auプランの音声対応月額料金はドコモプランから90円引いた金額になります。
データ専用月額料金はドコモ・auプラン共に同額になります。

 

・主要オプションサービス

サービス名 価格 内容

通話定額30

840/月 最大30分定額で通話ができます。

※30分超過後は通常料金(20円/30秒)がかかります。

通話定額60 1,680円/月 最大60分定額で通話ができます。

※60分超過後は通常料金(20円/30秒)がかかります。

ウイルスバスター
モバイル

270/月 不正アプリ・ウイルス・スパイウエア・迷惑SMS対策
メールウイルス

チェックサービス

200円/月 メールウイルスの検知と削除を行う。
パケットチャージ 100MB/150円 容量は100MB単位で追加できる。

翌月まで繰り越し可能

端末セット

arrows M02

一括 24,000円
分割 1,000円×24回
arrows M03

一括 31,800円
分割 1,325円×24回
Zenfone GO

一括 19,800円
分割 825円×24回

 

mineoの評価

mineoの格安SIM料金は他社と比べて安いわけではない。

 

オプションの通話定額プランも30分で840円・60分で1680円
これは(14円/30秒)で通常料金(20円/30秒)と比較しても
あまり、お得感は無いです。

 

端末セットも種類が少なく価格にも魅力を感じません。

 

しかし、

 

定評のある安定した通信速度
手厚いサポート
高速通信ON/OFF 可能
使いやすい公式アプリ
バースト転送機能
mineoユーザー間でパケット通信を分け合えるフリータンク
など、魅力あるMVNOです。

 

顧客満足度No1と言われています。

 

価格だけではなく、機能重視の方にはお勧めのMVNOです。
ただし、通話をあまりしない人に限ります。

 

格安SIMに乗り換えた人の体験談|mineo

まず格安SIMにしようかと考えたのは、
ドコモの料金が高いと感じたからです。

 

そこで多々ある格安SIM業者のパンフレットの料金内容やネットでのクチコミを元に、
マイネオに変更することにしました。

 

携帯はドコモの時使用していたアンドロイドスマホを、状態がまだ良かったのでそのまま使用することにしました。

 

 

料金はドコモを使用していた時は、月平均で1万円から8千円程度でした。

 

それを今回マイネオの3Gプランにすることで、3千円から2千円程度にすることが出来ました。

 

ただし、解約及び契約時に別で手数料がかかっていますが、長い目で見ると料金は安く押さえることができます。

 

費用対効果で見た場合、断然にお得だと思います。

 

ただし、マイネオは良いところばかりではありません。

大手キャリアの回線を借りているので、お昼頃と夕方帰宅時は通信速度が遅くなります。

 

その問題点を我慢できれば、マイネオはコスパがとてもよい通信会社です。

 

最後に契約中の携帯会社でポイントが溜まっていたら、早く使うことをお勧めします。

 

私は忘れていたために、かなりの量のポイントを捨ててしまいました。

 

格安SIMに乗り換えた人の体験談2|mineo

格安スマホに乗り換える前は、
auのキョーセラの端末を使っていました。

 

乗り換えた理由は、auの携帯を長年使っていても大して恩恵がなく、

 

他社に乗り換える人の方がキャッシュバックなどの恩恵

 

があるのが納得がいかなかったからです。

 

今は、マイネオで、端末はそのままです。

 

変えてよかった点は、やはり毎月の料金が安いことです。

 

前は8000円位払っていましたが、

 

今は1580円です。

 

これは安いです。

 

不便な点は、格安に切り替えたときになかなか自分で設定等ができなくて、

 

何日も家の外ではインターネットやメールができなくなるという苦労がありました。

 

auの時ならショップに駆け込めばよかったけれど、

 

格安ではすべて自分でやらなければなりません。

 

切り替えて今は3か月ほどですが、やっと落ち着いてきました。

 

ただ、auの時の端末を引き続き使っているので、

 

auと名の付くアプリが待ち受け画面にいくつも残っており、

 

使えないのに画面に存在するというのは、かなり邪魔です。

 

でもひと月に6000円位も浮くというのは、嬉しいです。

格安SIMに乗り換えた人の体験談3|mineo

先月から格安SIMに変更しました。マイネオのデュアルプランで契約しました。

 

乗り換える前はauでした。月に一万円くらいがかかっていました。

 

変えてみると最初電波状態などが不安だったのですが、ラインや電話は問題なくホッとしました。

 

たまに不安定かな?と感じることはありますが気になるほどではありません。

 

乗り換え後は三分の一くらいの料金になったので変更してよかったと思います。

 

近所に直営店があったので、そこで店員さんに親切に教えてもらえたことはとても助かりました。

 

ただ月末は待ち時間が六時間程かかりました。

 

乗り換えてよかったことは、やはり料金ですね。

 

四千円以下になったことは大きいです。

 

それに便利なアプリを教えてもらったりして、思ったよりずっと親切でした。

 

乗り換えて困ったことは、電話料金でしょうか。

 

前よりすぐ高くなってしまいます。

 

家族間無料通話がなくなったことも痛いですね。

 

でも上記のアプリで電話すれば普通の連絡には困らない程度です。

 

最近はラインとスカイプで電話しています。

 

これから格安SIMに変更される方でオススメなのは料金に困っているネット利用中心の人、オススメできないのはよく電話する人です。

格安SIMに乗り換えた人の体験談4|mineo

格安SIMに乗り換えたのは仕事柄、スマホ・タブレット・PCなど外で使う機会が増えたので

 

ルーターを買おうと思ったのが考えるきっかけになって料金を見直したのがきっかけになりました。

 

私はmineoでDプラン5GB(通信のみ)でsimのみ契約し、ルーターを別途自分で購入しました。

 

契約前は、スマホで7GB・タブレットで7GBのフラットの契約になっており

 

(実質通信量は6GBぐらいでした)、1.5万円ほど通信費でかかってました。

 

今はドコモの通話定額のガラケー2200円、mineoで1580円、光回線で5000円とトータルで1万円以下になってます。

 

容量の大きなファイルの扱いなどは自宅で、

 

移動中はルーターを活用、出先ではWi-Fiのあるカフェを使えば5GBでも問題なく過ごせます。

 

格安simのデメリットとしてはアクセスが集中する日中などは回線速度が遅いので、

 

ゲームや動画などで頻繁に使われる方はあまり向かないかもしれません。

 

基本的には安定して繋がるので、主にLINEのやり取りやネットサーフィンがメインの方は通信費が大幅に下がるので非常に良いと思います。

 

キャンペーン対象リンク
mineoの詳細はこちら
↓   ↓ 



mineo

 

このエントリーをはてなブックマークに追加